最強のネタ元にして人情の塊
情報元紹介
写真転載を禁ず!

生ける伝説
馬造りにより、合法的に競馬を作った男。

人馬育成のプロフェッショナル!

 2週連続2桁人気馬を指名!
4月13日(土)単勝47.5倍の新馬が完勝!
3連単244万馬券!馬連83,860円
4月20日(土)単87.7倍の未勝利馬が2着!
3連単400万馬券!馬連176,410円

関連記事はこちら
http://miho-bunkan.livedoor.biz/archives/1074369983.html

http://miho-bunkan.livedoor.biz/archives/1074392190.html




⇒

通称S氏

茨城県在住東京生まれ。
小中学校時代には結構ヤンチャだったらしい。
中学に上がると持ち前の抜群の運動能力を発揮。
走るのが速かったのでリレーでは常にアンカーを任される。



ご実家が商売をやっており、競馬関係者の常連客がいた事がキッカケで、ある日
カネになるぞ!騎手を志せ!と誘われ、興味を持つようになる。
当時は中央競馬と地方競馬の違いすら分からず、結果的に地方競馬教養センター騎手課程へ進み騎手を志す事となった。
無事に免許を取得する事になるが、中央競馬に興味がある事に気付いても後の祭り。
無知であった為、地方競馬教養センター騎手課程に行ってしまった事が大誤算でもあった。
とある地方競馬からデビューし、デビューした日に初勝利を挙げる。

そんなある日、当時その地域の競馬場で最も賞金の高い重賞レースに挑戦し重賞初勝利を挙げる。
やがて売り上げの低迷により、多くの競馬場が廃止された。
その煽りを受け、南関東競馬への移籍が決まる。



通算勝利数は700勝以上!
勝率は10%を上回るが
特筆すべきは1番人気馬騎乗時の勝率が4割を超える事であり、3桁の勝利数を収めている。

現役時代は文字通りガチンコジョッキーであった。
一方で、他場からの移籍組は、その当時は時に恫喝を受ける事もあったらしい。

その中に於いて『
ヤ○ズの依頼』を受けた事もあったそうだが、自身が勝負の場合には躊躇する事なく、先輩格の乗り役相手であろうとも『俺も勝負なんだ!そんな話、いくら頼まれようが受け入れる筋合いはない!』と言い放った。

それが元で、その競馬場で当時一番恐れられていた乗り役と殴り合いになった事が発端で、周囲から一目置かれる存在となる。

一切自分を曲げなかった為、その噂を聞きつけた船橋所属の大物で知られた乗り役のボスでもある佐○某氏からは、非常に可愛がれたそうだ。

南関通の方なら、この人物の事がお分かりになると思います。

賞金の稼ぎでは石○氏、カネを持ってるのは佐○某氏

  と、当時の南関では噂されていたからである。

当時の若手乗り役達に尊敬されていた乗り役の中で、断トツナンバーワンは佐○某氏であった。

その方は既に亡くなられているのですが、当時はそのような背景もあって、佐○某氏から頼まれると、断りにくい空気はあったそうだ。

大物でありながら、決して偉ぶる事もなかった。
○○が勝負だって言うんならいいんだよ!周りなんか気にせず自分の競馬をするのが我々乗り役の仕事だからな。基本中の基本だ。』と言い、強制させるような事はなかったそうである。

現役でボスの一人と言われる乗り役に、私はこのように聞いた事がある。
尊敬する乗り役は?と聞いた時、真っ先にこの方の名前が出るほどで、その理由として、まだ彼がデビュー間もない頃、危険な騎乗をした事に対し謝罪に行ったところ、

まだデビューして間もないんだから、そんなちっちゃな事、いちいち気にしなくていいんだよ!笑と、やんわり言われた事があって、その時この人は今まで見た事がないタイプの乗り役で、本当にカッコいい!自分もこのような人になりたい。と憧れるほどのカリスマ性を持っていたと証言する程で、仕草や話し方は勿論、騎乗スタイルに至っても素晴らしかった。
性格も良く、その一言でファンになってしまったそうである。

それほどの”
カリスマ性”を持っていたのである。

S氏が尊敬するのも無理はない!

しかし、その方の死がキッカケとなって、乗り役を続けていくモチベーションが低下していく事に繋がって行き、結果的に引退に向かう引き金となっていった。

それ以前まではお世辞にも良いとは言えない馬に騎乗しながらにして、常時リーディング争いを行っていたにも関わらず、モチベーションの更なる低下との戦い。

・・・そこでS氏は引退を表明する事になった。

ところがなんと言う運命のいたずらか!?

引退を表明した途端、好条件オファーが殺到する事態となって、一瞬『
乗り役を続けようか!?』と、考え直すほどだったそうだ。
しかし
引退撤回を快しとは出来なかった。
全てのオファーを断ったそうである。

後日談として
断らなければ良かったかも知れない!と、何度も考えた。それほどまでの好条件での話しがあって、自分もまだやれるだけの技量もあったし、馬質が上がればリーディング首位に立てただけの自信もあったんです。でも引退を決意した後、殆ど本気で乗ってなかったし、続けようとする気力すらなくなってしまったのです。自分はそもそも営業が嫌いで、嫌いになった最大の理由は、大井競馬場で当時からトップジョッキーでもあった大先輩のM場さんが、馬主の前とゲート内でまるっきり態度が変わるもので、あの二枚舌が当時の自分には我慢ならなかったんです。例えば自分がデビュー時からこの馬なら重賞の一つくらい勝てそうだな!!と、思っていた馬でさえ、2勝したあたりのタイミングで彼に取られてしまった事など1度や度ではなかったし、ゲート内では「俺がこんなクソ馬に乗ってられるか!」と、自分の期待馬の悪口を言っていたか?と思えば、馬主の前では一転して「素晴らしい馬に乗せて貰って感謝しかありません(笑)」とニコニコしながらヨイショ!している。

この豹変振りを何度も見てきた事で、アホらしくなって人間不信にも陥って益々営業が大嫌いになった。
のだとか。

でも後になってから
営業とはそういうものなのかな!?と言う事も理解もして行く内に、自分のやり方が間違っていた事に気付くのだ。

ちなみに、M場さんを憎んだりした事は一度もなかっと言う。

ただ、あの当時若かった自分には、そんな真似が出来なかっただけで、そこまでしてリーディングを目指すつもりもなかった事もあって引退する事が最善である!と決断したそうだ。

引退後は育成場の共同経営の為、茨城県牛久市郊外の民間トレセン内に馬房を持ち細々と活動を開始。

馬が予想以上集まった事で、経営は軌道に乗っていき、社員も増えていく中、マイナー厩舎の馬を次々に勝たせていく。
その事が『
腕利き』と評判が評判を呼び、馬もたくさん集まり順調だった。

何よりも『
自分がやりたいように出来た事が、結果にも繋がっていた。』と言う。

ところがある日、経営者との考え方の相違により現在の育成場にナンバーワン待遇で引き抜かれた。

・・・・・・そして今に至る。

新天地でも馬を3倍以上に集める事により、規模拡大に貢献する事になるものの、『
自分がやりたいように出来ない事』も増え、2008年前後の時ほど絶好のタイミングで好走させる事が難しくなっていく。

結果的に壁にぶち当たる経験をする事となる。

そこで考え方を少し変え、
やりたいようにやる時だけはやればいい!』と切り替えた。
最近はマニュアル通りにやらねばならない事も増えてしまっている状況だが、トレセン側も同じである。

しかし腕利きの担当は、トレセンも外厩も『
ヤル時にはマニュアル通りになどやらず、自分が思った通り好きなようにヤル!』のである。
これにより、馬を前倒しで勝たせているのが現状。




運命の出会い出会った人が超一流の厩人だった。


私、齊藤が彼と出合ったキッカケは彼が引退に伴って茨城県内に住居を構える時のお手伝いであった。
迷わず、大型3LDKのメゾネットタイプをオススメしたところ、気に入ってくださり、契約はスムーズに行われた。
ところが私自身、管理職昇進を目前にして、嵌められてしまい自主退社する事となってしまったのである。

(嵌めた人間は1年後に課長昇格後、内部監査で不正契約発覚でクビになっている。)

それ以前から競馬サイトを運営していた事もあり、S氏に全ての事情を正直に話した上で、本当にお世話になりましたけど、こんなかたちで辞める事になってしまって残念です。

自分は『
競馬サイト』を運営していますので『何か面白い話でもあれば是非お声を掛けて下さい!』と、お願いしてみた。

分かった!と言って下さったのですが、期待半分以下でした。

競馬サイト運営?・・当時はそんな人を相手にするような関係者がいるとは思えなかった。事実その当時は競馬情報会社でまともなところが殆ど存在せず、競馬業界では『情報会社=詐欺商法』がまかり通っており、中央競馬会でも通達が回るほどだったそうだ。

中でもある競馬雑誌に広告掲載されている情報会社は完全にブラックと認定されていた時代である。

要するにダメモトで頼んだのです。

ところが彼は、その約束を覚えていたのです。

予想サイト運営後、ちょうど苦境に陥り会員数が70名を割ってしまったタイミングで彼と遭遇。
手を差し述べてくれたのです。
しかし話をしていると、厳しい事はかなり言われました。
特に業界人にとって当たり前の事も知らないでいると『
人様からお金を貰う情報屋としたら、現状では勉強不足!』と言われる事もしばしば。
しかしS氏と出会ったからこそ、このような基本的な事が身につくキッカケとなり、トレセン関係者とも話がスムーズに行えるようになっていく事にも繋がっていけたのである。
特定の職場内でしか通用しない『
職場用語』のような、競馬用語辞典にすら載っていない専門用語も比較的多く、俗語のような事まで覚えていくと、トレセン関係者でさえ『意味がよく分からない』と言う場面も増えていく事にはなったが、知識が豊富になっていく事は悪い事ではなかった。



2008年某月


ある日彼は『
俺は馬造りによって中央競馬で合法的に競馬を作る事が目標!俺の話は予想ではなく情報だからね!笑。近い内に連絡するから、ちょっと時間くれる?それとさ!どうせやるんだったら、一流を目指してみれば!?』このように話した事は今尚鮮明に覚えております。

当初この話を聞いた時『
この人ってもしかして、ビッグマウスなのかな!?』とさえ思ったものですし、近い内に連絡すると言ってから2週間経っても来る事がなかったので、半ば諦めていたのです。

ところが、3週目の金曜日に彼から連絡が入ったのです。

2008年3月22日・中山2Rで推奨してくれた単勝8番人気のナイスラッキー号がゴール寸前内を突き3着!

単勝1.2倍の圧倒的1番人気馬トウショウゲームが馬群に沈み競馬そのものが荒れに荒れ、3連複39万馬券(平場3連単発売のなかった時代)
複勝1390円的中!

既にこの頃は会員様が大幅に増えており、300名以上は常時参加してくださっていた。
その後の彼はこのレベルは勿論の事、それ以上の事を何度もやってのけている事は多くの方もご存じだと思う。

当時会員様でない方にはお分かりにならない事なので、ここで補足する事にしましたが、ちょうとこの時期に
トレセン同志会は競馬最強の法則という雑誌で【殿堂入りメルマガ】として紹介され、S氏の実力だけで会員数が2000名も増加した時期でもあったのです。

私が想像するに『
俺は馬造りによって中央競馬で合法的に競馬を作る事』を、彼は既にあの時から有言実行していたと思えた事と、『中央でも非合法に競馬を作る事もあるのかも知れない。』と感じた次第。



S氏に対して現役G1Jの評価


美浦所属の某G1ジョッキーは彼を地方競馬時代から親友としており骨折で長期間の戦線離脱を行った際には励ましの電話を頻繁に入れ、互いに連絡を取り合っていたそうです。

そのG1ジョッキーとトレセンの食堂で隣の席に座った事があったのですが、思わずS氏の話を切り出したところ、目を丸くして驚き、
え!○○の事知ってるの!?・・あいつは昔から馬乗りの天才ですよ!中央に来ていれば、ガチで重賞をいくつも獲れました。引退が少し早すぎたと思う!あいつまはまだ十分やれたし、実は俺も引退前に引き止めたんです。勿体無い奴でした。と、べた褒めするほどの存在である事を聞いた時に、S氏はどこかが違う!と言う事がぼんやりから、確信に少しづつ変わっていたように思う。
彼は自分を高く見せるような事がなかっただけでなく、そのような人物を好まなかったからです。

一方、正直な人間の面倒見てあげたくなるタイプ。

初めて、お願いした時の私は彼に悪い事まで正直に全てを話していたからこそ、彼は協力して下さったのです。

彼を知れば知るほど『
外厩トップ』の型には収まらない事を知る事となって行きました。

抜群の相馬眼は勿論、人を見る目にも長けていたのです。

相馬眼に関しては、『
この仔は来年の今頃、このあたりのクラスでも勝ち負けになっている。』と言う事は、馬に跨っただけでも分かる!これは並みの一流ならば普通にわからなくてはならない事だが、それを上回る事の方が多いだけでなく、

時には何が何でも勝たせる為に、奥の奥の手まで用意し、
それを実行してきたのです。

例えばある馬が『
能力はあるのに未勝利のまま中央から抹消となりそうなケース』があったとしましょう。
そのままで終わらせぬ為様々な策を講じる。

2018年・これが衝撃的でした!
  

実 例
   
 ↓

スーパー未勝利を逃した馬で500万クラス卒業



同業者(牧場関係者)からの評価


美浦トレセン近郊の育成牧場関係者の間では『彼は、プライドの塊のような人或いは美浦近郊の育成牧場では熱い男トップ3に入る!』として知られ、一目置かれる存在である。

それだけでなく、武闘派でもあり、『半人前』と見なす人物には容赦しないようなところも見受けられました。

10年前の彼は確かにそうでした!
ところが、最近では人間性に丸みを帯びて来て、普通に敬語で話す事もありますし、優しい一面も数多く見受けられ、人間臭さとでもいいましょうか?
人から頼まれると嫌と言えない性格も持ち合わせており、本質が分かるまでに5年は掛かりました。


一方で馬乗り技術・馬に対する愛情深さ・知性と度胸・戦略・相馬眼・ゲート調教の達人これらに関してはずば抜けている。

仕事にとても厳しい事でも知られる一方、とても人情に溢れた人間であり、彼を慕って預託する馬主・厩舎も多く独立してこそ、今以上に能力が発揮出来る事くらい容易に分かるだけに、惜しいのです!


人を見る目
彼がこれまでに目に掛け、働き口を紹介した乗り役、厩務員のその後を見ると、いずれもリーディングトップ(厩務員は後に調教師ランキングトップ)になる等、その道の頂点に立っている事実を見ても、人を見る目も確かである事が結果として証明されている。

その事も含め、文字通り美浦近郊外厩ではナンバーワンの腕利きであり、抜群の相馬眼を持ちつつ『超一流の育成技術を持つ!』とも言われている事が少しはお分かり頂けるでしょうか!?

事例の一つとして、馬造りのプロとして時には乗り役さえ気付かぬよう、馬をパワーアップさせる事も挙げられます。

これによって、若手の乗り役に勝つ事をきっかけにして自信を持って貰う!そこが狙いなのです。

乗り役と共にきっかけや自信を与える事を人馬育成と言い、
これが出来てこそ一流と言われております。


それもさる事ながら、数多くの重賞勝ち馬を輩出している実績がある事にも目を向けて頂きたいと思います。



値上げの妥当性

個人サイトであれば、運営者が全てのお金を自由に出来る。

発足時のトレセン同志会は、正にその状況でした。
そして現在は情報の取り扱いに関しては、私がまとめを行っているのですが、多くの人が関わっております。
しかも、仲の良い人達同士とは限りません!

特にトレセン側と考え方が異なるネタ元となると、分類する必要性も出てくる。

ましてやこれまで謝礼がなかなか出来ない金額設定で運営してきたため、S氏専用コースを設ける事を考える必要があったのです。
S氏専用コースを私からお願いした当初、断られ続けていました。

理由がよく分からなかったのですが、『
知られたくない人がいる』という事が分かって来たので、”内密に”と言う条件付で承諾にこぎつけていたのです。

それは、他の関係者には知られないようにと言う事だったのです。

だからこそ会員様募集をコソコソやる必要が出てしまったんです。

普通ならあのような募集は行わないのに、何故だ!?と思った方もいらした事と思います。

実はネタ元に対しての
守秘義務があったかたらです。

ブログはトレセン関係者からのチェックも厳しい状況下。

外厩がクローズアップされていた頃だった事から、彼らからすれば面白くないのは当然でして、『
トレセンをなめるな!』と言う話にもなっていってしまう事になり、あのやり方は正しいとはいえませんでした!

分館の会員様の方が人数が多く、累計で5倍以上だった事も一因したかも知れません。

しかし私が思うに、例えば建物を建てる時には地鎮祭などに始まり、上棟式など行うように、新サイトを立ち上げる際には、似たような事を行うのが通例であるにも関わらず、それを怠ったことも一因していると思われます。

本来は、サイトに関係する人間全てでお参りをすべきなのです。

しかし、あのサイトでは、その儀式が出来ませんでした。

結果的に、同じ自信度の情報であっても分館の情報がハマり、専用コースが全くハマらなかった。

むしろ、分館の大穴情報馬の中には、多くの関係者が『
この馬、絶対走らないぞ!』とまで言い切るほどの馬がいたにも関わらず、それが完勝していましたし、相当な買いも入っておりました。
ここまで来ると、理解不能!!

そのような事もあって、2月か3月のある日、私は恩人でもあるS氏に対し、結構キツイ事を言ってしまったのです。

そんな彼が掲示板に自らの育成馬の
オススメ馬を紹介するだけで無く見解まで書いているのです。

育成者、調教を担う人物直々に見解を書いて貰える事はなかなか出来ない事であります。

当然ながら、報酬は報酬として発生します。

従って値上げをせざるを得ないのですが、よくよく考えたら、事実上値下げと言いますか元の金額に戻るだけの事なのですけど、それはトレセン分の負担をうまく削減出来たからです。

むしろ減らした分、情報精度が上がっているのですから、面白いものですよね!?

しかし情報には波がありますので、なるべく多くのハズレを引かせないよう、配慮するべきとの考えは一致!

ただし、
その基準点がどこなのか?が未知数なのです。

人それぞれで、中には『
情報が多ければ多いほど選択肢が増えていいんだ!』と言う方がおられる一方で『資金の関係で・・情報を減らして欲しい』と言う方もおられます。

提供する側はあったものに対しての情報!

出走馬確定後のその週によって、情報量や質は変化する事があります。

その部分は、話をまず聞いてから私齊藤の方で判断した後に追加なり補足なり加えますのでそれを是非参考にして下さい。

情報に関して言うと、穴を狙っても、本名サイドを狙っても馬券になる確率には大差ない事も多く、その時の流れは結構重要であったりしますので、その事に付いての補足も入れます。

話は変わります。

昨年『
競馬に絶対が無いのは分かるけど、あまりにも情報馬が好走しないのは大問題であって、JRAで度々問題視されている悪質な予想屋と何ら変わりがなくなってしまうんですよ!』と、言うべきことは言って来ました。

S氏にしても、情報会社から名義貸しの話が以前から来ておりますが、
父親から『
こんなものものに絶対利用されてはならないぞ!』と新聞に載っている関係者を指し、口酸っぱく言われているので、絶対に俺はそんな真似しない!と言っていたのです。

ところが、実名では出来ないにしても名義貸しではない『本人』が、自分の育成馬に対しての見解を書いている。

これの方が価値は十分ありますし、例年のように2桁人気馬の激走実績もあります。

今年は例年よりも多そうですよね!?

一方で
彼の育成馬は馬券の組み立てが難解である事は確かで、トレセン同志会時代に、ヒモ抜け同志会になってしまった原因にもなりました。

馬券の組み立ては会員様に委ねた方が好結果に繋がると思います。


       トレセン同志会分館
         (C)2013-2019 

            ⇒